TOP >> 鮎の友釣り >>鮎のテンカラ釣り

 春先から木曽川にアユが溯上し始め、7月頃川石についた苔をに食べ始め縄張りを持つようになり、友釣りになります。
 その遡上中の苔を食べ始めるまでの限られた期間に、稚アユを釣る方法がテンカラ釣りです。
 木曽川のアユのテンカラ釣りは、この地域独特の仕掛けで、毛ばりやオランダ針と浮を付け川を流します。仕掛けは場所、天候、などによって毛ばりの種類が違いアユの食いが違ってきますので、仕掛けは地元の釣り具屋さんで購入するのがベストな選択だと思います。
 良く釣れるのは、解禁から6月末までで、遡上する群れに当たれば短時間で100-200匹の爆釣も、サイズは5-15cmで日々、段々と大きくなってきます。釣り場も、川島〜犬山と広く、シーズン当初は日中も釣れますが、朝、夕が狙い目です。

6月1日解禁

愛北漁業協同組合

犬山市大字犬山字西古券522-1地先
TEL・FAX 0568-62-4710
休み 水・土・日・祝日
営業時間 午前9時〜午後2時(オトリ販売時間は別)
テレフォンサービス 0568-62-8989(パクパク)